テーマ:生命

素人が憂える真実シリーズ23回(総終編1)

1.  地球温暖化は、もう止まらない: 今月(2015年12月)、パリ郊外で地球温暖対策会議(COP21)が開催された。CO2排出量1位と2位の中国と米国(2国で世界の50%)がCO2削減に協力する事で合意した。中国は石炭暖房などによるPM2.5に悩まされ、やっと重い腰を上げた。一方、アメリカの共和党支持者の64%が「地球温暖化問題は存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類はエボラ出血熱に勝てるか?

素人が憂える真実シリーズ(第17回) 2014.11.06 菊池喜康記 1. 猛威を奮う「エボラ出血熱」  西アフリカを中心に「エボラ出血熱」が蔓延し、2014年11月初めに、患者数13,000人、死亡率50%と言われている。エボラ出血熱の病原体は、ウィルスで、80x800nmの細長いRNA型(DNAは2重螺旋)である。 元々、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化・生命の大量絶滅まであと1秒

1. 地球温暖化・生命の大量絶滅まで、あと1秒 太陽と地球が誕生してから、現在46億年経過したと言われている。誕生から現在までの46億年を1年に換算した「地球時間」という表現がある。1秒は146年に相当する。人類が誕生したのは、約200万年前、現代人は15万年前の1人のお母さんの子孫らしい。したがって、地球時間で最後の15分(12月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災その後(浜岡停止とO111)

2011.5.12 菊池喜康 記 1. 巨大津波の謎  3.11の東日本大津波は、1000年以上前の西暦869年7月9日の貞観地震の津波を若干上回る(本当に)未曾有の天災であった様です。  5月7日の「NHKスペシャル」で、地震津波学者の予想をも超える発生メカニズムの解説が報道されました。釜石沖20kmのGPS波高計には、地震直後…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

政権交代後の期待と憂慮

 今年の流行語大賞は「政権交代」となった。祖父の「友愛」を掲げて発足した鳩山内閣で、大臣の雑音は聞こえてくるが、首相の決断は聞こえてこない。唯一、国内の合意を得ないで、海外の気候変動サミットで25%削減を表明した事しか記憶にない。カミツキ亀に噛みつかれ、福島党首に駄々をこねられ、ノーとは言えないお坊ちゃん首相なのか、本当に地球を愛する思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球は誰のものー地球を守る政治ー(2006年記)

 人類は地球を自分達に良い様に利用して、発展し、文明を享受しています。しかし、46億年前に誕生した地球の歴史から見ると、人類が我が物顔で地球を支配するのは、ほんの一瞬に過ぎないのです。地球の時間は非常に長いので、地球が誕生してから現在までを1年に例える地球年で考えて見ましょう。1月中には生命が誕生していますが、陸上に生命が上がったのは1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人類は何処から来て、何処に行くか(2003年記)

(エデンの園は実在したか) 菊池 喜康 著 1. 人類は何処から来たか   旧約聖書によれば、神がアダムとイブを作って、エデンの園に住まわせたとなっている。 しかし、最近のDNA解析の結果、人類は、オランウータンから1500万年前に、ゴリラから700万年前に、チンパンジーから500万年前に分岐したことが分かった。チンパンジーと現…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宇宙誕生から地球消滅までの驚異(2007年記)

 私が世の中で不思議に思っている事が2つあります。一つ目は「この膨大な宇宙空間の存在」で、2つ目は「水の固体・液体・気体の性質」です。 この宇宙は、137億年前のビッグバンで始まったと考えられています。その後、46億年前に太陽系が誕生した事はほぼ確実です。生まれた当初の太陽の核融合反応は低く、明るさは現在の70%位だったと考えられてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界最終戦争の脅威

世界最終戦争の脅威  先日、また終戦記念日が廻って来た。広島・長崎の原爆から64年経った事になる。この間、アメリカの傲慢なまでの世界支配が続いてきた。自由主義崇拝の基で、自由資本主義、自由貿易主義を強制し、軍事の圧倒的力と基軸通貨ドルの強さから、世界の全ての国家の民主化を強制する態度を示してきた。更に、この間、交通機関の目覚ましい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日本の水と森林の脅威

日本の水と森林の脅威  日本の田舎の風景を描いてほしいと言われたら、多分、小高い森の前に広がる田んぼと、嘘でも、わら葺の一軒家と柿の木の絵を描いてみたい。水彩画でも油絵でもいっぱしの絵となる。美しい。日本人は、こんな風景がいつまでも続くと思っているが、本当だろうか。 ★ 都市化による森林破壊   私の住んでいる横浜市青葉区は、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本人大量餓死の脅威

日本人大量餓死の脅威 2009.08.01 第1版  毒餃子事件が報道されたのは、2008年1月30日の事であった。中国河北省の天洋食品工場で製造され、JTフーズが輸入し、兵庫で食べた家族に健康被害がでた。警察の調査で冷凍餃子に、農薬・メタミドホスが検出された。調べてみると同じ冷凍餃子で1ヵ月前の12月末に千葉でも被害がでている事が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザの脅威

2009.06.03 第1版  メキシコで豚インフルエンザが人から人へ感染する様に変身して、死亡者が多数出ているとの報道があったのは2009年4月上旬であった。恐れられていた強毒性の鳥インフルエンザ並みの感染力と死亡率をもった新型かと世界を強震させた。その後、アメリカにも感染が拡大して、5月の連休に海外から帰ってくる感染旅行者を日本の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

素人が憂える真実シリーズ

素人が憂える真実シリーズ 「素人が憂える真実シリーズ」として、以下のブログをアップいたしました。 ★人口爆発と地球環境 http://kikyossya.at.webry.info/201112/article_1.html ★政権交代後の期待と憂慮 http://kikyossya.at.webry.info/2009…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more