テーマ:地球環境

素人が憂える真実シリーズ23回(総終編1)

1.  地球温暖化は、もう止まらない: 今月(2015年12月)、パリ郊外で地球温暖対策会議(COP21)が開催された。CO2排出量1位と2位の中国と米国(2国で世界の50%)がCO2削減に協力する事で合意した。中国は石炭暖房などによるPM2.5に悩まされ、やっと重い腰を上げた。一方、アメリカの共和党支持者の64%が「地球温暖化問題は存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の火山に火が付いた?

1. 長野県北部地震 11月22日午後10時8分に、長野北部地震が起きた。横浜の我が家では、殆ど揺れを感じなかったが、鴨居にぶら下げていた洗濯物が大きく揺れていた。多分、1秒程度の長周期振動が伝わってきたと思う。 この震源域は静岡糸魚川構造線の北端に位置する神城断層だそうだ。震源域に近い白馬村では、震度6弱を記録し、水田に約80cm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化・生命の大量絶滅まであと1秒

1. 地球温暖化・生命の大量絶滅まで、あと1秒 太陽と地球が誕生してから、現在46億年経過したと言われている。誕生から現在までの46億年を1年に換算した「地球時間」という表現がある。1秒は146年に相当する。人類が誕生したのは、約200万年前、現代人は15万年前の1人のお母さんの子孫らしい。したがって、地球時間で最後の15分(12月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス寒波と安倍新政権の憂慮 他

2012-12-30 菊池喜康 ★ クリスマス寒波  2012年12月25日朝の「とくダネ!」のトップニュースは「クリスマス大寒波襲来&南極に雨が降る」でした。小浜市に40cmの大雪が降ったそうです。白頭山で寒気が裂かれ、日本海で合体して、日本海側に大雪を降らせた様です。北朝鮮の聖なる山とアメリカ大統領のジョークかと思っていました。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人口爆発と地球環境(近未来思考?)

2011-12 菊池喜康  2011年10月31日は、私の孫の5才の誕生日でした。西洋ではカボチャのハロウィン祭りの日でもありました。同じ日、世界の人口が70億人を超えると言うことで、国連人口基金東京事務所では、当日生まれた赤ちゃん全員に認定証を発行し、生まれた時間が早い順に7人目、70人目、700人目の赤ちゃんには賞品が贈られると報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more