素人が憂える真実シリーズ25回(神様は何処~私は知的障碍者)


1. 神様は何処に居られるのですか?: 
①  ここまで自然科学が進歩すると、「神が存在しない」と証明できるかもしれない。ジハード等の自爆行為は、神が存在しなくても可能なのだろうか? しかし、キリスト教を初めとして、世界のあらゆる宗教の存在意義が無くなる。 ローマ法王は何と言うのだろうか? そもそも、天国や地獄はなぜ存在するのか?
②  私の推察では、臨死体験者の証言かも知れないと思っている。死に際には、昔の人生経験が走馬灯のように廻るとよく言われる。目覚ましや他人にゆすらて起きた後に「夢の内容」聞く実験がある。相当に長い夢を数秒の間に見ている様だ。私の場合、靴などの履物が見つからない夢を見る。学校の下駄箱の様な場所が数カ所あり、それらの場所を順繰りに、1時間位探して、目が覚める事がある。また、外国で迷子になった時、地図の様な物が思いだせて、この先の広い道路を右に曲がって・・・で、ホテルに行きそうな夢を見る。別の日に、同じ場所で迷子になった事もあった。行き着けなくて目が覚めた。
③  一般に、死人の顔は「穏やかな」そうだ。臨死状態では、花園の様な明るく綺麗な夢を見ているのかも知れない。交通事故などで死ぬ場合は、火の釜や針の筵の場面が廻るのかも知れない。人間の自然死(大往生)では、胃腸の消化吸収能力が低下して、自然に食欲がなくなり、空腹感も無く、安らかに死ねるそうだ。一方、「心の神」も存在する。最近あまり聴かないが「イワシの頭も信心から」と言う言葉があった。大学時代に、クリスチャンのサークルで議論した事があった。ご自由に・・・。

2. 動物の誕生と運命の死: 
①  30億年前頃に、光合成を行うシアノバクテリア(細菌)が発生し、温室効果ガスのCO₂(二酸化炭素)を吸収し、O₂(酸素)の放出を始めた。20数億年後の8~6億年前に、2回の地球全球凍結があったらしい。その後、藻類などの多細胞生物が誕生し、陸に上がって植物の祖先となった。
②  一方、海水や空気中に増えた酸素で、含水炭素(植物)を燃焼させて生きる生物(菌など?)が現れた。その能力を持つ「ミトコンドリア菌」を細胞内に共生させた多細胞生物が動物類の祖先となった。動物の各細胞内には1個のDNAがあるが、共生している200個位のミトコンドリアにも、各々DNAを持ち、血液で運ばれる酸素と含水炭素(糖)を燃焼させて「動力源」としている。
③  動物類は、その時から、「必ず死ぬ」と言う遺伝子を受け継できた。DNAの両端にテロメア部分を持ち、分裂する毎に減少して、それが少なくなると増殖できなくなるらしい。  
④  初期の動物には、「死なない多細胞生物」も実在したかもしれないが、無限に増殖した結果、環境を破壊し、食糧も不足して、絶滅したのかも知れない。
⑤  5億4千万年前の「カンブリア紀」には、海の中で、三葉虫などの動物大爆発が起こった。また、3億6千年前からの石炭紀には、陸上植物の大爆発が起こり、その為の寒冷化で、生物大絶滅も起こっている。大型恐竜は6400万年前の隕石落下後の環境変化で絶滅した。小型恐竜は鳥類として、小動物は哺乳類として繁栄している。
⑥  宇宙の物質の2/3が見えないダークマター(暗黒物質)と言われているが、最近、その存在場所が判りつつある。6400万年前の隕石は、そのダークマターに跳ばされ、太陽系外縁のカイパーベルト(冥王星の外)やオールト雲(もっと外)から飛んで来たとの仮説もある。現在は「人間大爆発」だ。人類が滅亡すれば、自然の栄枯盛衰が繰返すれるのだろう。今後、40数億年の間、太陽が赤色巨星となり、地球が飲み込まれるまで?

3. 死とは何なのか!:
①  私の知識の中で、「死」や「殺」に関係する単語を、本人の意図に反する順に並べてみた。戦死・死刑・殺人・事故死・病死・自殺・安楽死(尊厳死)・自然死などがある。他に、死の状態として、窒息死・溺死・焼死・毒殺・絞殺・刺殺・轢死・・・ときりがない。戦死は本人の意図に反する死の最たるものである。戦勝国の方が敗戦国より、一般に、多数の人間を殺している。敗戦国の責任者は処刑される事も多いが、戦勝国のトップは英雄と呼ばれたりして、処刑される事はない。
②  上記の死の中で、唯一認められていないのは「安楽死」である。本人が「死にたい」との意思を示している時に、「生かされている」のも残酷ではないだろうか? また、日本の医療費は33兆円/年とかで、高齢化に伴い毎年1兆円ずつ増加し行く予想だ。この医療費の1/2は、病死する人が「死ぬ前の1年間」に使っている金額だそうだ。医療費で国が破綻する。国の存続の為にも「安楽死」の議論は始めた方が良い。しかし、本人の意志が、他人から誘導や、洗脳の結果であっては困る。難しい問題かもしれない。
③  医療費の抑制も必要だ。私の昨年のブログで提案した様に、医療保険の窓口負担を全て3割とし、現在の医療費還付制度を拡張し、「手数料2000円位」で還付するのはどうか? 大阪のあいりん地区(釜ヶ崎)では、医者と悪徳業者が結託して、生活保護者を食い物にしている。この方式を実施すれば、「詐欺まがいの旨味」も少なく、医療費抑制にもなると思う。窓口負担ゼロの生活保護者などには、地元の社会福祉協議会が貸与し、還付金を差押えれば良い。

4. 私の高校時代の思い出: 
① 私は仙台第一高校を卒業した。当時、一高は木造2階建のぼろ校舎で「蛮殻(ばんから)学校」、二高は鉄筋の「ハイカラ学校」だった。一高の履物は「足駄(あしだ)」、二校は「黒皮靴」。野球の一二高戦は、勝ったり負けたりと競い合っていた。夏には、菖蒲田海岸(東日本大震災の津波で被災し、今年海開きを再開)に、蚊帳・むしろ・飯盒を持参し、夜は大学生達とたき火を囲んで、「デカンショ節」を歌った。「どうせやるなら、でっかい事やらせ、奈良の大仏、屁で飛ばせ、やいやいのデッカンショ」など、100詞以上の歌があり、新作も皆で持ち寄ったりしていた。
②  高校の体育の選択授業でスキーの合宿があった。宮城県側の青根温泉に泊まったと思う。当時、蔵王の山形側には、頂上近くまでリフトがあったが、宮城県側には全くなかった。40名位の参加者を上下級の2班に分け、上級グループは、好天の中、体育教師のガイドで、登って行った所、なんと、蔵王の頂上の有名な「お釜」が見える所まで行っていた。
③  私は高3の時、自動車部に所属した。仙台市交通局から中古バス1台の寄付があった。鼻の長い、あの「田舎のバス」であった。私達は、学校のグランドで運転練習して、運転免許試験場にそのバスを持込み(当時は持込自由)、18歳で大型免許を取得した。10年後位に、第1種と第2種に分かれ、その後「大型2種免」となった。
④  私の卒業から数年後位には、一高校舎も建て替えられ、「お坊ちゃま学校」になった。足駄も、付添いなしの合宿も、無理なスキーも、校内の自動車練習も禁止されたと聞いている。

5.  軽井沢スキーバス事故の真実:
①  私は、昨年(2015年)12月、80才誕生日の免許更新で、60年所有してきた大型2種免を普通免許に替えた。白内障で「視力0.8」に不安があった事と、今後大型車を運転しない(してはいけない)だろうと思ったからであった。免許更新の視力検査では、何故か眼鏡使用でも裸眼でも0.7を超え合格した。
②  2016年1月、軽井沢バス事故が起こった。長野自動車道ができる前には、私も何回も碓氷峠を越えた。日本唯一の「アプト式鉄道」があった松井田-軽井沢間で、水平距離700m標高差300mの急峻な曲がりくねった坂道だ。急峻な坂を登り、碓氷峠を超えた後は「平らになる」との記憶がある。その平らなはずの軽井沢側で、事故が起きた。実際は下り坂だった様だ。
③  マニュアル運転車は、基本的に3本のシャフトで接続されている。エンジンからクラッチまでと、車輪からのトランスミッション(変速機)までと、トランスミッション内のフリーな軸である。下り坂でエンジンブレーキを掛ける場合、ダブル・クラッチと言って、クラッチを一旦切って、ギアをニュートラルにしてから、アクセルを思いっきり吹かして、真ん中の軸を高速回転させた後で、ギアを低速に切替え、再度クラッチを入れる操作である。片足で、ブレーキを踏みながら、アクセルを空吹かしする高度な技術もあるらしいが、そんな事を練習する道は殆ど無い。事故当時、時速80kmと推察されているので、そもそもダブル・クラッチでもギアを切替える事はできなかったかもしれない。例えば、路線バスを何10年運転してきたベテラン運転手でも、ダブル・クラッチで減速する方法を使った事は無いかもしれない。軽井沢事故では、会社の規則違反も沢山でてきたが、そもそも、会社の運転指示書通の「長野自動車道の松井田妙義から小諸までの高速利用」を無視した。高速料金を「ねこばば」するつもりだったのか? 新規採用の運転手の訓練不足と違反を是正できない会社の不良体質が重なった事故だった。
④  この事故を受けて、国土交通省は、バス会社に「自動ブレーキ車」の導入を指導するそうだ。トンネル入口などでの追突事故には有効だろうが、軽井沢事故の様なエンジンブレーキ対応は、無理かと思う。通常の油圧ブレーキでは、数分で「ライニングが焼ける」からである。

6.  自動運転車は路線バスに向いている:
①  「日産、自動運転車「セレナ」8月発売 渋滞する高速道路」との記事があった。また、高速道路のみ自動運転する大型トラックの発売も間もなくの様だ。完全無人運転車の一段前の形だ、でも、2012年4月の信越自動車道・富岡ジャンクション付近のバス事故の様に「ホットした事故」には効果があろう。コンピュータは「ホットして、眠気を催す」事が無いからである。
②  アメリカでは、無人自動車のテスト運転が行われている。その際、追い越し時に、自動運転車側の原因で事故が起こっている。また、100万人の運転手を雇用する「ウーバー社」が、自動運転タクシーの実験(当分は人間が同乗)を行う。ネットでタクシーを呼ぶと迎えに来て、目的地まで乗せてくれる。同社は、無人トラックの実験も行うそうだ。
③  日本でも、無操作の自動運転テストが行われているが、当面は運転手が運転席に乗る。現在の「道路交通法」では、全ての責任を運転者が負う事になっている。そこで、無人車を対象とした法律の改正は急務である。その場合、責任は「製造会社が負い」、自動車賠償保険を所有者が負う事になろう。
④ 最も、自動運転に向いているのは、路線バスだと思う。現在は、運転手の2つの目が全責任を負っているが、前・後・左・右・車内を複数のセンサーで監視する方が、より安心である。路線ルートに沿っで保存してある道路画像とセンサーのリアル画像とを比較できる。また、不慮な状態が発生した時、バス車庫でモニターしている予備運転手が、2人乗りのバイクで直ぐに駆けつけられる。次にタクシーの無人運転車・深夜の大型トラックなどと普及すると思われるが、労働市場を圧迫する危険がある。

7.  熊本地震と危険のいろいろ:
①  2016年4月14日夕刻、震度6強の熊本地震が起き、気象庁は余震注意を発表した。その2日後に、数km離れた所で震度7の本震が起きた。気象庁としては、地震の常識を変える重大な現象だった。この地震で崩壊した阿蘇大橋付近を走行中の大学生が乗った軽自動車が行方不明になった。遺族の必死の努力で、4ヶ月後に、車体が近くの川下で見つかり、数日後、遺体も見つかった。運が悪かったとしか言えない。
②  日本を西から東に、中央構造線と言う巨大な断層帯が走っている。北上するフィリッピン海・プレート(下画像図参照、Biglobeブログから引用)が西日本を構成するユーラシア・プレートにぶつかり、その下に潜り込んでいる。今回の熊本地震は、熊本市から別府市にかけての中央構造線上で発生している。この東側には、四国・紀伊・渥美半島(名古屋付近)へと横断している。その先を直線で結ぶと、静岡・清水・小田原・銚子となるが、約60億年前に、フィリッピン海・プレートに乗った火山島が、日本列島に衝突した。それが伊豆半島である。その為、中央構造線は、妙義・軽井沢付近まで押し上げられた。一方、日本を縦断する静岡・糸井川構造線がある。それは、ユーラシア・プレートと北米プレートの境界に当たる。現在、その2つの断層は、諏訪湖付近で交差している。
③  熊本の震源帯(日奈久断層)を西に延ばすと川内原発の近くを通る。7月に当選した三反園・鹿児島県知事は、「30km圏内の避難路の不備」を理由に原発停止を申し入れるそうだ。また、伊方原発のある四国・愛媛県佐多岬半島は、中央構造線の断層崖の様に見える。更に、「静岡県御前崎の浜岡原発は、断層上にある」と思う。その理由は、関東付近では、東北地方の陸地を乗せた北米プレートがあり、その下により軽いフィリッピン海・プレート、その下に重い太平洋プレートが交差している。静岡・糸井川構造線の直ぐ西では、地下数kmの浅い所で、ユーラシア・プレートの下にフィリッピン海プレートが潜っている。したがって、浜岡原発の直下が震源になる危険がある。その時も、また、「想定外!」と言うのだろうか。
④  最も危険なのは、リニア中央新幹線だろう。甲府と名古屋の間で、2つの構造線を通過する。東海道線の富士川鉄橋では、2m位の河岸断層があり、過去に何回も発生した跡が見られる。直下型地震では、緊急地震速報が役に立たない。リニア中央新幹線は、政府の予算を注ぎ込んで、建設期間を短縮し、名古屋・大阪間の同時開業も目指している。しかし、一度事故が起これば、世論の反対もあって、半永久的に再開できない可能性がある。政府が目論んでいるのは、どうも、「アメリカのボストン・ニューヨーク・ワシントン間のリニア受注」の実績作りらしい。ロサンゼルス・ラスベガス間を中国と米国の合弁会社が受注したので焦っている様だ。
⑤  コントラクト・ブリッジの方の故郷・長野県・飯田線一帯が、「南アルプス・中央構造線・ジオパーク」と指定されていて、両側の地層の差などが見られるそうだ。ぜひ、行って見たい。

8.  原子力発電所の危険性は:
①  福島第一原発事故前は、いろいろな安全対策ができなかったそうだ。津波対策や避難訓練などを行うと、今まで唱えてきた「安全神話」が崩れる事を心配していた。しかし、1万分の1の確率と言われていた大津波に見舞われ、自家発電機が水没し、地震で送電鉄塔が倒壊し、外部電源も遮断された。運転中の1から3号機がメルトダウンした。地震の2日後に「メルトダウンもありうる」と報道した通産省の担当者が更迭され、全く科学的知識の無い報道官がでてきた。政府がメルトダウンを認めたのは、数ヶ月後であった。約1200年前に起きた貞観地震の調査結果が公表される1週間前に、今回の東日本大震災が起きたとも聞いた。
②  この福島事故で原子力安全基準が見直され、現在に至っている。日本で今後再稼働する原発は、この安全基準により大事故になる事は無いと思う。しかし、北朝鮮などの通常爆弾ミサイルに対する安全が、どの程度考慮されているのか疑問が残る。
③  それより、問題なのは韓国と中国の原発である。韓国には、建設中を含め30機位の原発がある。そして何故か、殆どの原発が日本海側に設置されている。事故があった時、偏西風の西側の韓国側は大丈夫と言う事か? 中国はもっと恐ろしい。原発の建設ラッシュで、世界一の原発大国に成りつつある。それを維持する運転員が不足し、教育も不十分なまま、現場で運転している。更に、中国らしい秘匿体質で、運転ミスや火災があっても、「安全性に問題ないので報告しなかった」とかで、1年以上たってから、漏れ伝わる情報も多数あるらしい。中国や韓国で、メルトダウンなどの事故が起これば、福島以上の放射性物質が日本を汚染する。福島の場合(3月11日頃)は、大半の汚染物質が、西風で太平洋に飛散した。

9.  アベノミックスは破綻眞近か?:
①  安倍政権は、7月の参議院選挙で大勝して、28兆円の経済対策を行うと発表した。「赤字国債をださないで実行できる」とも言っている。安倍政権発足以来、お友達?の日銀黒田総裁をリモコンして、円安操作を行って来た。日銀の国債買取りや公開株の年金基金買取りなどの効果で?120円/ドルの円安になった。その結果、自動車などの輸出産業を中心に、数10兆円のも為替差益が生じて、法人税収が大幅に上がった。今回の経済対策は、その財源を使うらしい。しかし、IMFなどの指摘も有って、為替操作がし難くなり、現在、100円/ドルと17%位の円高になった。円高では、企業の輸出競争力が低下するのみならず、円安をあてにした企業の2016年度の決算が赤字になる可能性が高い。そうなると、法人税は、今後数年、期待できない。2017年3月の次年度予算が作れなくなる可能性がある。
②  赤字国債が大量に発行されると、国債の国内消化が難しくなり、金利を上げて外国に買ってもらう必要があろう。それをへッジファンドが購入すると大変だ。日本国債が投機の対象となり、日本経済が破綻する危険が、直ぐそこまで来てしまう。日本の国は、赤字国債さえ無ければ「良い国」だ。平和で住み易く、インフレも無く(むしろデフレ)、年金も目減りしない。そんな良い国が「経済破綻」する事になる。
③  今回の参議院選挙で、安倍首相は、都合の良い数字を並べて選挙演説していた。挙げればきりがないが、一例は「ハローワークの求人倍率が全国の全ての県で1.0を超えた。とか、貿易収支も黒字が続いている。民主党時代とは大きな違いだ。」などだ。これ等は、「アベノミクスのお蔭でもなく、震災復興・オリンピック特需・団塊世代の大量退職・原油価格の大幅下落」など、全く別の要因とも言える。8月19日の読売朝刊には「輸出低迷、円高足かせ、アベノミックスに誤算」との見出が踊っていた。
④  安倍総理は、日の丸をイメージする赤いマリを持って、マリオに扮して、リオ・オリンピックの閉会式に参加した。その前の映像では、渋谷のスクランブル交差点に穴を掘って、地球の裏側のブラジルの井戸からマリオが飛び出す映像もあった。閉会式では「シー・ユー・アゲン20イン・トウキョウ」と挨拶した。現在の自民党の党則では、党首の在任期間が2期6年であるが、安倍人気で3期9年に変えたいとの議論がされている。大丈夫だろうか?

10.  TPP(環太平洋経済連携協定)は不平等:
①  2016年2月4日ニュージーランド・オークランドでTPP締結・調印式が行われた。その直前に、「あっせん利得処罰法違反」で起訴された甘利明・前経済財政担当大臣は出席せず、代りに、高橋修一内・閣府副大臣が着物姿で出席した。高橋副大臣は、元々TPP反対派だったそうだ。一方の甘利氏はUR(元住宅公社)に対する口利で1300万円を受け取ったと言う疑惑であったが、2016年8月には不起訴となった。それは「URは甘利氏が直接管轄する部署では無い」ので、あっせん利得には当たらないと言うものらしい。でも、禁止されている企業献金には当たる。起訴した容疑が「的外れ」と言う事か?
②  6年かけて審議し、アメリカなど12か国が調印したTPPに対し、アメリカ大統領候補のトランプ氏が「TPP破棄」を宣言し、クリントン大統領候補も同調した。トップが代われば「それで良い」と言うのか? 6年間の審議は秘密裏に行う事を前提としてきた。日本国民は「象を撫でる」状態で、「片足を触って、象全体を知る」状態であった。一方、アメリカの場合は、全ての情報を業界団体に示し、そこからの注文を「1字1句」条文に盛り込み、結果を業者に知らせ、了解を求める方法で進めてきた。昨年2015年秋に、日本の春の国会審議に間に合わせようと、政府は、国会議員のみに「TPP条文原案を全て公開する」との方針をだしたが、アメリカの圧力で中止させられた様だ。日本の国会議員には秘匿能力がないと言う事か。春の国会で、TPPを審議する予定だったが、参議院選挙後の秋の国会に延ばした。多分、「国民に不都合な内容」が隠されている様だ。
③  アメリカからのTPP再審議提案は丁度良い。日本にとって不利な条項を再審議する良い機会になるかもしれない。所で、次国会のTPP審議の答弁は甘利氏が行うのだろうか? 確か、石原伸晃大臣が答弁すると聞いた事がある。石原大臣の言動は何となく「怪しい」と思っていたが、東京都知事選で、増田候補が小池候補に敗れ、石原伸晃・都連会長が謝罪した場面で、「東京都知事選は、自民党本部マターです。」と、自転車事故で下半身不随とも言われている谷垣大臣の責任の様な言い方をした。そこまでは良いとしても、翌日の記者会見で「そんな事は言っていない」としらばくれた。国民は皆見ているぞ! 総理大臣になぞ、成ってくれるな!
④  TPPの中で、最も問題なのはISD(投資家対国家間 扮装解決)条項と言われている。FTP(2国間貿易協定)をアメリカと結んだ韓国がISD条項を適用されたそうだ。それは、韓国の小さな村が「学校の給食に、村で生産された食品を優先的に使おう」との当たり前な条例を制定した所、アメリカの企業からISDを適用され、条例を破棄したそうだ。

11.  2016年・地球温暖化はこんな形で始まった:
①  2016年8月、私のコントラクト・ブリッジの会の人が、インドネシアのバリ島に行ってきた。8月は乾季なのに、今年は天候不順で、有名なタナロット寺院の夕日も見られなかったそうだ。また、家内の友達がスコットランドから帰ってきて、夏なのに非常に寒かったと言っていた。
②  私の9年前のブログで予測したシナリオが現実の形となった様だ。それは、北大西洋に流れ込んだ氷山は、溶けるのだろうか、太るのだろうか? 氷点下数10度の氷は、海水の真水部分を周りに凍らせて、太るのである。残った塩分の多い海水は、重いので海底に沈んで行き、海底谷を流れ、南アフリカの喜望峰を廻り、2000年後に、インド洋で浮上する。これを海洋大循環と言い、地球の巨大クーラーとも言われている。
③  北大西洋の太った氷山もいずれは溶け、軽い凍り易い表層氷となって、北極海を氷で満たし、夏の太陽光を反射して来た。最近は、グリーンランドの氷山が海に流れる頃には「シャーベット状」になってしまった。その結果、海洋大循環が止まったかもしれない。
④  今年の台風は6月まで発生せず、8月の第6号、第7号台風は、日本近海で発生し、日本の東海上を通過していった。これ等の現象は、エルニーニョが終り、ラニーニャになったからとも言われているが、まだ途中の段階だったのだろう。私は、温暖化の為と思う。インド洋の海水温が高くなり、そこで、台風(インド洋の台風はサイクロン)が沢山発生している様だ。その結果、台風がその北側の高気圧を育てるので、例年の太平洋高気圧が弱く、満州付近の大陸型高気圧(チベット高気圧)が日本に張り出し、一時は、2つの高気圧が合体して、西日本が高温少雨となった。一方、弱い太平洋高気圧と大陸側の高気圧の間が離れ、台風6号と7号が、その間の関東の東の太平洋を通過した。
⑤  一方、北大西洋では、海洋大循環が止まり、メキシコ湾流が弱くなり、気温が下がった。ロンドンもパリもベルリンも北緯50度と樺太位の緯度にある。メキシコ湾流が止まれば、極寒の地となる。トランプ大統領候補を始め、頭の弱いアメリカ人は「そりゃ見た事か!地球は寒冷化している」と喜び、気候変動枠組条約(COP)から離脱し、共和党の大票田の州で、石炭やシェールガスを増産するであろう。欧州の寒冷化により、今後、世界の経済や政治も変わって行くかもしれない。
⑥  8月19日、太平洋に3つの台風が発生した(左の天気図:読売新聞より引用)。例年なら、太平洋高気圧画像画像が存在すの領域だ。11号は北に向きを変え足早に北海道に上陸し、10号は西に向き沖縄の方へ向っている。9号は真っ直ぐに東京湾を通過し、被害をもたらした。台風は自分では動けなく、周りの高気圧の時計回りの風に動かされる。この台風10号は、その後、沖縄付近まで南下し、停滞して、巨大な台風に成長して、10日後に生まれ故郷に戻り、30日に関東に上陸する予報だ(右の予報図参照)。実は、発生当初の19日に、森気象予報士がTBSテレビで、「欧州のスーパーコンピュータが、30日頃に関東に上陸すると予測している」と紹介してくれた。6日後の気象庁の予想とぴったり一致していて驚いた。一方、立て続けに北海道に上陸した6、7、11、9号の反時計廻りの風で、シベリアから冷気を引込み、朝鮮半島付近に「寒冷渦」ができた。その為、瞑想台風10号は戻ってきた。実際の進路は予報よりも若干東にそれ、このまま進むと、三陸沿岸の高波と青森りんご被害が心配だ。

12.  私は「知的障害(児)者」だ!:
①  私は、シーケンス的記憶が特に苦手の様だ。小学校の頃、「古城なる小諸のほとり」を暗唱させられたが、努力しても出来なかった。同様に、歌の歌詞は覚えられない。小学唱歌の様な簡単な曲でも、1番しか覚えていない。世の中には、そんな人も多いらしく「カラオケ」が発明された。2004年に井上大祐と言う人が、イグ・ノーベル賞を受賞している。プロの歌手は、200曲位は歌えるそうだ。大学のフォークダンス部に入ったが、覚えられそうもないので、半年で止め、社交ダンスに転向した。
② 私の場合、顔認識も苦手で、覚えたつもりの名前も不安があり、「あなた」と呼んでしまう。韓国の美人ゴルファーの「イボミ」だったと思うが、ギャラリーの名前を聞いて、次にあった時に名前を呼んで挨拶するそうだ。男性ギャラリーは「とろけてしまう」様だ。
③  また、横文字の小説が読めない。最初の100ページ位の人物紹介が続くと、其処までの間に、放り投げてしまう。特に、横文字の名前が苦手である。ドラマもあまり見ない大河ドラマの「真田丸」では、家康屋敷に殆どの大名が集まった。独眼竜・伊達政宗は判った。
④  私は60才からスクエアダンスを始めた。8人がセットになり、コーラと言う指示者が言うコール(言葉)に対応して、その8人の体型(位置関係)を替える踊りの1種である。確かに零点何秒間に、その言葉の意味する事と現在の体型からの次の体型に移る必要はあるが、私でも何とかできている。ラウンドダンスと言うのもやっている。それは、ワルツ・2ステップ・ルンバ・チャチャ・タンゴなど、社交ダンスにあるフィギュアをキューアと言う指示者のキュー(言葉)で、参加者全員で同じ動きをするダンスである。社交ダンスのカラオケ的な踊りとも言える。
⑤  私の孫が2才の頃、私の家に遊びに来た。ちっちゃな人差指にバンドエイドをしていたので、「どうしたの?」と聞くと、2-3秒考えて「クローゼットに挟まった」と答えた。私なら、音では記憶できないので、驚いた。また、トミカのミニカーが好きで、世界中の200種類位の宝物を持っていた。新しいミニカー出る度に「自分が持っているかどうか」が判り、全ての車種の名前を諳んじていた。更に、「世界の国旗のカルタ」では、196ヵ国の旗の国名と場所を知っていた。カリブ海の入口の小さな島国「アンティーク・バーブーダ」など、私が初めて知った国もあった。(日本が承認している国は195ヵ国、国連に加盟している北朝鮮のみ未承認)
⑥  8月初めに、スクエアダンスの会場として借用している「デイサービス施設の夏祭り」があった。そこのボランティアに参加し、炭坑節と東京音頭があると聞いていたので、ネットで調べ勉強していった。両方とも5種類の振付の繰返しと解ったので、自信を持って参加したが、ダメだった。廻りの介護認定者達に、「掘って々、担いで々、引いて々、押して々・・」と応援してもらった。
⑦  私は、そんな自覚は無かったが、暗記物の英語・歴史・生物・漢字が苦手だったので、高校卒業後は職人になりたかった。しかし、父親の反対で、大学に進み、物作りの会社に就職した。最初の10年、設計技術職の間は、楽しかった。しかし、それから25年間の管理職時代は、「針の筵」の様な状態であった。定年後の窓際・技師長時代に、プログラミング技術を独学した。退職後に「コントラクト・ブリッジ戦績集計ソフト」を楽しく作成し、クラブ員に今でも便利に使ってもらっている。
⑧  退職後、社会福祉協議会の送迎運転手のボランティアも行い、念願の運転手もできた。今の趣味のテニス・ダンス・ブリッジも、考えてみれば、技能職の様なものだと思う。各種目で技能トップの人は、オリンピックで活躍している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック